女性育毛サプリを徹底比較 » クリニックでできる女性の薄毛治療 » 女性薄毛治療の種類とその内容

女性薄毛治療の種類とその内容

こちらのページでは、クリニックで受けられる女性薄毛治療の種類とその内容についてご紹介しています。

クリニックでの女性薄毛治療は一般的

クリニックで薄毛治療をするというと、男性が多いイメージがあるかもしれません。ですが、近年ではクリニックで薄毛治療をしている女性の数は急増し、それに伴い女性薄毛治療を行うクリニックも一般的となってきました。 薄毛治療をクリニックで行う女性は、2009年からの3年間で約2.5倍になったとも言われています。(参考:湘南美容外科AGA薄毛治療情報サイト「女性の薄毛」) これほど多くの女性が受けているクリニックでの治療とは、いったいどのようなものなのでしょうか。

女性薄毛治療の種類と内容について

薄毛治療の方法と言っても、様々な種類の治療法があります。具体的にどのような治療を行うのか、その種類と内容について見ていきましょう。

外用薬・内服薬

薬の処方は薄毛治療法としては一般的で、内服薬は成分が吸収された後血液の中に溶け込み、頭皮に栄養分として行き渡りますが、外用薬は頭皮に塗ることで、毛穴から直接成分が浸透するという違いがあります。成分や効果はほとんど変わりません。 治療薬としてはパントガールが有名で、使用しているクリニックは非常に多くなっています。

治療としては,授乳中も使用できる薬剤に制限が掛かるが,女性専用の薄毛治療薬(パントガー ル®),亜鉛や女性ホルモン様作用(大豆イソフラボンなど)のサプリメントなどで改善を図る.

出典:妊娠と美 居原田 麗  一般社団法人 日本女性心身医学会 2016
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jspog/21/3/21_290/_pdf

パントガールは授乳中の女性でも使うことができるとのことなので、安全性も確立されているところが魅力です。

育毛メソセラピー

注射や超音波導入、レーザーによって育毛効果のある薬剤を頭皮に浸透させ、髪の毛を成長させる細胞を活性化させる方法です。薬剤はブフロメジル、シスチン、ビタミンB、H、Cなどの成分を調合したものを使用します。 育毛メソセラピーでは、薬剤によって毛乳頭や毛包を活性化し、髪の毛の成長が滞る休止期を短くすると共に、成長期を長くすることが可能です。その結果、発毛が促進され、髪の成長が早くなります。

幹細胞成長因子による治療

幹細胞から抽出した成長因子を頭皮に注入することによって発毛効果を実感できる治療法です。 幹細胞成長因子を頭皮に注入することによって毛母細胞の活性化、頭皮の血管を生成、頭皮の炎症を抑えて頭皮環境を改善し、発毛しやすい環境へと導くことができるようになります。

ご自身の症状と状況にあった治療法を

女性薄毛治療ではこのように様々な種類の方法が用意されており、それぞれで治療にかかる期間や料金なども異なってきます。 治療法の好みや緊急性、金銭的な負担などもありますので、クリニックで相談の上、ご自身に合った治療法を選択してください。 また、クリニックに行く時間がない、人に知られたくない、セルフケアをしたいという方でしたら、サプリを飲んでみるのも治療方法のひとつです。


注目!髪密度を高めるならコレ!女性育毛サプリを徹底比較
コンテンツ一覧
髪密度を高めるならコレ!女性育毛サプリを徹底比較_詳細はこちら