女性育毛サプリを徹底比較 » 知っておきたい!女性の薄毛原因と対策

知っておきたい!女性の薄毛原因と対策

女性の薄毛にも、様々な原因があります。時には複数の要因が絡み合って、一筋縄ではいかないことも。薄毛の改善を図るには、まずは原因を突き止め、自分の症状に合った対策を取ることが重要です。

女性の薄毛の主な原因は、びまん性脱毛症、円形脱毛症、牽引性脱毛症、更年期障害、産後の抜け毛などがあげられます。

簡単・手軽にできる、女性の薄毛対策

薄毛対策には様々な方法があります。一部分の薄毛が目立つなら髪型を変えてみたり、外出する際にウィッグや増毛スプレーをつけてみたり。自分の髪に人工毛をつけるエクステで対策をする人もいます。費用や頭皮の状態をみて、自分に合った対策を取り入れてみましょう。

簡単・手軽にできる、女性の薄毛対策について詳しく見る

毛周期と女性育毛サプリの影響

髪の毛などの体の毛には、成長期・退行期・休止期のサイクルがあり、常に生え変わっています。その周期に影響を及ぼすのは、ホルモン・生活習慣・季節など。ホルモンバランスや生活習慣を女性育毛サプリで整えて、効果的な薄毛対策をしましょう。

髪の毛の生え変わるサイクル・女性育毛サプリについて詳しく見る

脂漏性(しろうせい)脱毛症

脂漏性(しろうせい)脱毛症はかゆみやフケなどの症状が出る脱毛症で、女性の薄毛の原因となります。マラセチア真菌という菌が増殖して、頭皮に炎症が起きることが一因だと考えられており、皮脂の過剰分泌を抑えることで対策できます。

脂漏性(しろうせい)脱毛症について詳しく見る

びまん性脱毛症

頭髪全体が薄くなっていくのが、びまん性脱毛症の特徴です。男性型脱毛症(AGA)の女性版(FAGA)とも呼ばれています。髪のハリやコシもなくなり、抜け毛も増え、毛の1本1本も細くなっているのが主な症状です。

びまん性脱毛症について詳しく見る

円形脱毛症

頭の一部分だけが丸く脱毛している場合、円形脱毛症が考えられます。円形脱毛症は何もしなくても自然治癒することも多いのですが、中には自然治癒に至らず治療が必要になる方もいます。

円形脱毛症について詳しく見る

牽引性脱毛症

ポニーテールや編み込みのように、髪を引っ張るヘアスタイルをしている方に多いのが、生え際から薄くなる牽引性脱毛症です。毎日同じヘアスタイルをしていると、特に発症頻度が高くなります。

牽引性脱毛症について詳しく見る

更年期障害

女性が薄毛になる原因のひとつとして、更年期障害も考えられます。更年期障害が起こるのは40代後半以降の女性が主です。更年期障害になる原因には、女性ホルモンの減少が大きく関わっています。

更年期障害について詳しく見る

産後の抜け毛

産後の抜け毛が薄毛の原因となることもあります。産後の抜け毛は自然回復するのが一般的ですが、ごくたまに薄いまま回復しない場合も見られます。そのような場合は、薄毛対策が必要です。

産後の抜け毛について詳しく見る

どこが薄くなっている?鏡で頭髪をチェック!

脱毛の原因別に、髪のどのあたりが主に薄くなっていくのかについて、一覧表でまとめてみました。自分の状態と比較しながら、脱毛の原因を確認してみましょう。

症状 主に薄くなる場所
びまん性脱毛症 頭髪全体
円形脱毛症 頭髪の一部がコイン大に脱毛。進行すると全体的に抜けることも
牽引性脱毛症 生え際。髪を結んでいる場合は、いつも引っ張られるところ
更年期障害 頭髪全体
産後の抜け毛 頭髪だけではなく、体毛も抜ける(眉毛、腕、足など)
脂漏性脱毛症 頭髪全体

2.女性育毛サプリ、薄毛、ピル服用、原因

薄毛になる原因はいろいろあるのですが、このページではピルと薄毛の関係についてご紹介します。

ピルが抜け毛の原因になることはある?

避妊のためだけでなく、生理痛を抑える目的でピルを取り入れている方もたくさんいます。そんなピルで抜け毛の可能性があるのであれば、使用するのを心配に思ってしまう方も多いはず。果たして本当にピルは抜け毛と関係があるのでしょうか。

むしろ抜け毛防止に効果的

ピルによって抜け毛が増える噂を心配している方にとっては朗報です。むしろピルを取り入れることによって抜け毛を防ぐことができるかもしれません。

そもそも、なぜピルを飲むと避妊できたり、生理痛が弱くなったりするのかというと、これには女性ホルモンへの影響が関係しています。ピルを取り入れると体内ではエストロゲンやプロゲステロンといった女性ホルモンの量が増加するのですが、この働きによって避妊効果が得られたり、生理痛が弱まったりする仕組みです。

そして、この女性ホルモンであるプロゲステロンには、髪の成長期を伸ばす働きがあります。髪の毛に限らず身体の毛には毛周期というものがあり、成長期が終わった毛は抜け落ちてしまいます。しかし、ピルを取り入れてプロゲステロンの量が増加すると、成長期が長くなるため、本来であれば抜け落ちる時期にあった髪の毛も頭皮にとどまってくれる可能性が期待できるでしょう。

抜け毛のリスクがないわけではない

先述したように、ピルはホルモン量と深く関わっています。プロゲステロンが増えることにより抜け毛防止には繋がるのですが、実は必ずしもピル=抜け毛防止とは言い切れない部分もあるのです。

男性は女性に比べると体毛が濃いですよね。これは、男性ホルモンの影響によるものです。アンドロゲンと呼ばれる男性ホルモンには発毛効果や増毛の働きがあります。

女性でもホルモンバランスが乱れて男性ホルモンが増えると毛が濃くなることがあるほどなので、男性ホルモンと毛の関係性は非常に濃いものだといえるでしょう。

しかし、ピルは女性ホルモンを増やす働きがあるとご紹介しました。つまり、ピルによって女性ホルモンが増え、男性ホルモンが抑えられると、男性ホルモンが持つ発毛・増毛の作用が抑えられてしまう可能性があるのです。

ただ、男性ホルモンのうち、「テストステロン」と呼ばれるものは女性男性型脱毛症(FAGA)の原因にもなります。ピルを使えば発毛・増毛効果を持ったアンドロゲンだけでなく、脱毛症の原因になるテストステロンも抑えられます。

まとめると、ピルは抜け毛を防止する働きがあるものの、発毛・増毛を押さえる働きも持っているため、薄毛にとって良い働きも悪い働きも持っているといえるでしょう。どちらの働きが強く出るかはわからないので、こういった特徴を押さえておいてくださいね。

薄毛が気になる方のピル服用に関する注意

特に気を付けておかなければならないのが、ピル服用を停止した後です。服用を停止すると抑えられていた男性ホルモンが増えることもあり、薄毛のリスクが高くなります。

そこで、対策についても押さえておきましょう。

まず、しっかりと食事をとって、髪に良い栄養素を積極的に取り入れることが大切です。特に、髪の主成分となるタンパク質は不足しないように心がけましょう。

また、睡眠時間が不足した場合にもホルモンバランスが乱れて薄毛に繋がりやすくなります。睡眠時間が足りていない方はこのポイントも改善できると良いですね。

運動やマッサージも効果的。運動不足が続くと血行が悪くなって髪に十分な栄養を送ることができなくなってしまいます。運動やマッサージを取り入れて食事やサプリメントから摂取した栄養素をしっかり髪に届けましょう。

ピルをやめたとしてもホルモンバランスが落ち着けば毛周期も元通りになり、頭皮への影響はなくなります。そのため、それまでの間、普段以上に日常生活に注意して対策を取ってみてくださいね。


注目!髪密度を高めるならコレ!女性育毛サプリを徹底比較
コンテンツ一覧
髪密度を高めるならコレ!女性育毛サプリを徹底比較_詳細はこちら