女性育毛サプリを徹底比較 » 知っておきたい!女性の薄毛原因と対策 » 産後の抜け毛

産後の抜け毛

このページでは、「産後の抜け毛」について特徴や対策などをまとめています。 

「産後の抜け毛」の特徴を解説!

出産後脱毛

出産直後の体の悩みとして代表的なものが「抜け毛」です。これには「出産後脱毛」という名称が付いており、非常に多くの女性が経験している症状になります。

一般的な薄毛とは異なり短期間で一気に抜けることが特徴で、頭髪だけでなく体毛も抜けたという人もいます。シャンプーをしている最中にごっそりと髪が抜けたり、朝、枕を見ると抜け毛だらけだったり…といったことがあると悩んでしまうものです。

とはいえ、多くの場合は一時的な症状ですから深刻になる必要はありません。

出産2ヵ月後から始まり半年〜1年で収まる

多くの女性が抜け毛を気にし始めるのは、出産から2〜3ヵ月が過ぎた頃からです。

髪の毛が生え変わるサイクルには、

があります。

正常時の一般的なサイクルは成長期が2~6年、退行期が約2週間、休止期が3〜4ヵ月。しかし、このヘアサイクルが乱れて成長期が短く、休止期が長くなってしまうと抜け毛の量が増え、薄毛が気になるようになってしまいます。

産後の女性の髪は成長期が数ヵ月~1年にまで短くなってしまうこともあり、そのせいで「抜け毛が増えた」と感じてしまうのです。

もっとも、出産から半年〜1年が経つとこのヘアサイクルも徐々に正常に戻り、成長期が長くなっていきます。1年もすれば自然に抜け毛も気にならなくなるでしょう。

1年以上薄毛が気になる場合は抜け毛対策を

上で述べた通り、一般的にはヘアサイクルが再び正常になれば抜け毛も気にならなくなるので心配はいりません。

しかし症状が激しい場合や、1年以上経ってもまだ抜け毛や薄毛が気になる場合は他にも原因がある可能性が考えられます。専門機関に相談するか、積極的に抜け毛対策を取るようにしましょう。

「産後の抜け毛」が起きる3つの原因

抜け毛対策をするには、そもそもなぜ産後に抜け毛が増えるのか、原因を知る必要があります。以下の3つが産後の抜け毛の原因だと言われていますので、覚えておきましょう。

1.出産前後に起きる女性ホルモンの変化

「産後の抜け毛」の一番の原因は、出産前後に起きる女性ホルモンバランスの変化だと言われています。

妊娠から産後にかけて、女性の身体は著しく変化します。

妊娠中はエストロゲンやプロゲステロンといった女性ホルモンが多量に分泌されますが、この女性ホルモンには髪の健やかな成長を促す作用があります。ですから、妊娠中は髪が抜けにくく、艶が増したと感じる人もいるでしょう。

一方で出産後は女性ホルモンの分泌量が元に戻るため、本来ならば妊娠中に抜けるはずだった髪までまとめて抜け落ちてしまいます。

よって「抜け毛が大量に増えた!」と感じてしまうわけです。

もちろん、この変化は一時的なものですから、時間がたてば抜け毛の量は正常に戻ります。

2.育児による睡眠不足やストレス

出産直後は不慣れな育児に振り回され、また夜泣きする赤ちゃんをあやしたりして、どうしても睡眠不足になりがちです。睡眠時間が少なくなることで、髪の正常な発育を妨げてしまう可能性があります。

また髪はストレスの影響を受けやすい部分ですから、急激な環境の変化でストレスがたまってしまうと抜け毛をますます誘発してしまいます。さらには抜け毛を気にするあまりにますますストレスを抱え込み…という悪循環にはまってしまうことも。

産後の女性が睡眠不足やストレス状態に陥りやすいのは致し方ないことです。せめて昼寝をする時間を取ったり、親しい友人や家族に育児の相談をしたりして、なるべく無理をし過ぎないようにしましょう。

3.簡素な食事による栄養不足

出産後は母体の体力を回復させたり、授乳をしたりするために通常よりも多くの栄養が必要となります。にもかかわらず、育児の忙しさからついつい食事が簡単なものになってしまいがちなことも現実です。

しかし栄養不足になると体が疲れやすくなる上に、髪まで必要な栄養分が十分に行き渡らずに抜け毛を促進させてしまう可能性があるのです。

自分のためにも赤ちゃんのためにも、忙しいながらも食事はしっかりと摂るように心がけましょう。

産後を快適に過ごす!3つの抜け毛対策を紹介

出産後の育児や生活リズムを取り戻すことはとても大変ですが、明るく日々を過ごすためにもなるべく早く抜け毛を改善したいですよね。

そこで、産後の抜け毛が気にならなくなる対策法をいくつかご紹介します。

1.栄養バランスのいい食生活を心がける

まずは何と言っても、前述したように栄養をしっかりと摂ってバランスのいい食生活を送ることです。

厚生労働省が発行している「妊産婦のための食事バランスガイド」によると、妊娠期、授乳期には主食をしっかり取って、副菜で不足しがちなビタミン・ミネラルを補うようにとの記載があります。また主菜はバランスよく、牛乳・乳製品でカルシウムもたっぷりと摂取するように推奨されているのです。[注1]

なかでもカルシウムやタンパク質、亜鉛、ビタミンB群、鉄分などは、髪の健康のためにも積極的に摂りたい栄養素です。

「そうは言っても忙しくてご飯を作るのに時間をかけられない」という方は、食事で充分に補えない栄養素を、サプリメントなどを上手に活用して補給する方法がおすすめです。

[注1]厚生労働省:妊産婦のための食事バランスガイド[pdf]

2.シャンプーやコンディショナーを見直す

なかなか抜け毛がおさまらないという人は、シャンプーやコンディショナーに問題があるかもしれません。

妊娠・出産を経て体質が変わり、今までは大丈夫だった化粧品やヘアケアが急に合わなくなることもあります

なるべく地肌にやさしい敏感肌用のヘアケア用品に変えて、地肌を強くこすらず、やさしくマッサージするように洗ってみてください。

なお、抜け毛を気にするあまりシャンプーの回数を減らしたり、ブラッシングを止めたりすることは逆効果ですからご注意ください。

3.適度な運動でリフレッシュしてストレスを減らす

産後は赤ちゃんをあやしたり抱っこしたりすることで、肩や腰など部分的な筋肉を酷使して体を痛めがちです。

そこで、ストレッチや腰回りの筋肉を鍛えるトレーニングを取り入れてみてはいかがでしょうか。

早稲田大学総合研究機構のスポーツ科学未来研究所がまとめた報告書によると、産後に適度な運動を取り入れることで血行促進、痛みやだるさの解消を図ることができ、「8~9割以上が『コンディションがよくなった』と回答」したということです。[注2]

体のコンディションがよくなってストレスを減らすことが、抜け毛対策にも有効と言えるでしょう。

[注2]早稲田大学:産後女性の身体状況把握及び産後運動ケア実践の提案[pdf]


注目!髪密度を高めるならコレ!女性育毛サプリを徹底比較
コンテンツ一覧
髪密度を高めるならコレ!女性育毛サプリを徹底比較_詳細はこちら