女性育毛サプリを徹底比較 » こんな時どうする?女性の薄毛の悩み相談室 » ボリュームが欲しい

ボリュームが欲しい

このページでは、髪の毛のボリュームが欲しい方のために、ボリュームがない原因と対策について解説しています。

ショック!ぺたんこ髪は老けて見える!?

髪を気にする女性

皆さんご存知ですか?ボリュームがないぺたっとした髪って、実年齢より老けて見えるそうです。女性としては、是が非でも髪のボリュームアップを図りたいところですね。

ヘアスタイルなどで作るのもひとつの手ですが、誤魔化し続けるのも大変ですよね。そうなると、やはり根本的な原因をどうにかしたいはずです。

では、何故年齢と共に髪はボリュームが減り、ぺったんこになっていってしまうのでしょうか。

髪にボリュームがない原因

髪のボリュームがない原因は、いくつかあります。その主な原因は、女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの分泌量が低下してしまうことです。

エストロゲンには髪の抜けるサイクルを整える役割があり、これがバランスよく分泌されていれば髪の毛は生え変わった際にも強くたくましく育ってくれます。

その一方で、髪の毛のパサつきやうねりが目立ったり、女性の方で最近髪の毛の一本一本が弱々しく感じられる方は、このホルモンがしっかり分泌されていない可能性が高いです。

では、エストロゲンの分泌量が低下する理由とは果たして何なのでしょうか。

加齢によるエストロゲンの減少でパサつきやうねりの発生

避けては通れない定めが加齢によるホルモン分泌能力の低下です。

エストロゲンは卵巣機能によってその分泌量が変化しますが、卵巣がエストロゲンを最も分泌することのできる年齢のピークは20代と言われています。そして、30代にはホルモンの分泌も落ち着き始め、40代前半には卵巣機能の低下が始まり、50代前半には閉経する方もいます。そのため、卵巣機能は加齢によって徐々に低下していくものなのです。[注1]

30代や40代でヘアケアを行っているにも関わらず、髪の毛のパサつきやうねりが気になる方は、加齢によるエストロゲンの減少が原因でしょう。

生活習慣の乱れによるホルモンバランスの低下

薄毛の原因のほとんどに絡んでくる、生活習慣の乱れ。生活習慣は人間の基本なので、そのリズムが乱れれば体の健康とともに髪の健康も乱れてくるのは、至極当然とも言えますね。具体的には、睡眠、食生活、タバコやアルコールなど嗜好品、適度な運動などがあげられます。

特に食生活には注意しましょう。体型を気にして食事制限によるダイエットを行うと、ホルモンバランスが崩れてしまいます。しかし、その一方でお菓子やインスタント食品ばかりを好んで食べるのも、やはりホルモンバランスが崩れる原因です。

美味しいからと言ってお菓子ばかり食べたり、安易に揚げ物に手を伸ばすことは控えましょう。そして栄養バランスを考えて、しっかりとした食事をとることを心がけましょう。

体型が気になる方も、ダイエットを行う際には極端な食事制限は控えましょう。たとえば、無理なく続けられるペースの運動でカロリーを消費して痩せることを意識して下さい。美容を気にして美容を損なってしまっては意味がありませんよね。

睡眠不足などの精神的ストレスによる脳のダメージ

精神的な疲労であるストレスも女性ホルモンの働きを阻害します。

こちらは主に、女性ホルモンの分泌を促す脳がストレスによりダメージを負った結果、女性ホルモンを出す指令が滞ってしまうことで発生します。

ストレスは睡眠不足にも繋がり、健康な体に悪影響を及ぼすものです。もちろん仕事や友人関係が原因の場合は対処することも難しいですが、できるだけ溜め込まないことが大事です。

髪のボリュームがない時の対策方法

ジョギングのイメージ

生活習慣の乱れがある場合は、まず正しいリズムで日々の生活を送れるよう見直しましょう。

睡眠も食生活も、人間として生きる上で基本的な行動であり、心身ともに健康であるためには非常に重要な要素です。

運動する習慣をつけストレスを発散

身体を動かすことは、憂鬱な気分を発散させたり、心や体をリラックスさせて睡眠を促進する効果が期待できます。ストレスで毎日寝ることに時間がかかってしまう方や、何もしていないのに気分が重く感じる方には特におすすめです。

ストレスには有酸素運動が効果的なので、軽いジョギングやランニングの他に、DVD教材などを使った自宅でできる簡単なエクササイズをするのも良いでしょう。

あまり時間をかけず、おおよそ20分程度の運動でも効果があるでしょう。当然ですが、頑張りすぎて疲れてしまうと継続するのが難しくなってしまうので、自分がすっきりしたと思える程度の運動にとどめておくことが習慣として続けるコツです。

食生活を改善しホルモンバランスの乱れを正す

女性ホルモンの減少が、妊娠・出産などで一時的に起こっているものであれば、あまり心配はいらないでしょう。問題は、加齢やストレスなどでホルモンバランスが乱れてしまった時です。

ホルモンバランスの改善を図るためには、体内環境を根本的に変えていく努力が必要となってきます。もっとも重要な対策は、やはり食生活です。栄養バランスの取れた食事を3食しっかり取り、身体を内側から変えていくことで、ホルモンバランスの乱れも少しずつ落ち着いていくでしょう。

エストロゲンと似た成分のイソフラボンを摂取

若い方は、食生活の乱れをはじめとする生活習慣に注意を払えば、自然と整っていきますが、30代後半のアラフォー世代はエストロゲンの生成能力が低下しているので、ホルモンバランスを整えても十分な量のエストロゲンが確保できない可能性があります。特に、閉経なさって更年期障害に悩まされる方は、エストロゲンの分泌が減ってしまっている可能性が高いです。

そんなアラフォー世代以降の方はイソフラボンが含まれた食事を摂取しましょう。

大豆などに含まれているイソフラボンには、女性ホルモンであるエストロゲンと同じような成分や働きを持つダイゼインが含まれており、これを摂取することで疑似的にエストロゲンの分泌と同じような効能を得られます。[注2]

もちろん、上記の様に生活習慣を正すのは前提ですが、並行してイソフラボンの摂取を行うことで若年層の髪質に少しでも近づくことができるでしょう。

ヘアケアをするとスキンケアにもつながる

ヘアケアで核となるエストロゲンやイソフラボンには、髪の毛の調子を整えるだけでなく、より女性らしさを引き立てる効能があります。

エストロゲンにはコラーゲンの合成を促す作用[注3]があり、これによって髪の毛のツヤやハリが保たれていますが、これは肌にも同じ効果を与えてくれます。若い世代の肌がつやつやとしていたり、ストレスを感じると肌のかさつきが目立つようになるのは、若いうちはエストロゲンの分泌量が多く、ストレスはホルモン分泌の働きを阻害するのが原因です。

ヘアケアを意識するということは、すなわちスキンケアにもつながることなのです。

髪だけでなく肌も若々しくなるので、アンチエイジングも意識している方には嬉しい効能ですね。

サプリを上手に活用して、栄養を摂る

ただ、髪の健康と体質改善を図るための食事となると、相当たくさんの種類の栄養分を摂取しなければなりません。そのため、全ての成分を食事から摂ろうとするのではなく、サプリなどを上手に活かしながら栄養を摂るようにする方が、効率良く体質改善をすることができるでしょう。

特に、毎日の献立を考えながら、栄養バランスにまで言及して食事の予定を立てるのは難しいですよね。専業主婦の方であればまだしも、兼業主婦の方は自身のヘアケアにまで言及した献立を考える時間を確保するのが難しく、仕事が忙しく外食が多くなりがちな方は、栄養が偏りがちになってしまうのではないでしょうか。

口に運ばなければいけない食事の量も、勿論大きく異なりますが、サプリは時間がない方に強い味方です。例えば、外食で肉や魚ばかりを食べた際には、ビタミン系のサプリを一緒に摂取すれば、足りていないの栄養素を手軽に補充出来ます。

エストロゲンの生成が減ってしまったアラフォー世代の方には美容系サプリが特におすすめです。女性向けサプリのほとんどには、イソフラボンが含まれているので、いちいち大豆を献立に盛り込むのが面倒な方や、大豆があまり好きではない方でも手軽にイソフラボンを摂取することができます。

ただし、何事もやりすぎはよくありません。女性ホルモンが体に良いからと言って、服用するタイプの女性ホルモンを過剰摂取はおすすめできません。エストロゲンが過剰になると、乳がん等の病気のリスクが高まってしまうからです。[注4]

特に若年層の方は、あまり焦らず自身の身体機能を正常にすることで、内側からゆっくりと綺麗になっていくことを意識しましょう。

サプリにも様々な特徴があるので、もしサプリも併用しようと思うなら、色々試してみて、ご自分の症状にぴったり合ったサプリを選ぶようにしましょうね。女性は女性専用の育毛サプリを探すといいですよ。

[注1]公益社団法人 石川県医師会:女性の健康ハンドブック 守りたい自分の体[pdf]

[注2]内閣府食品安全委員会:大豆イソフラボンの安全性評価について(案)[pdf]

[注3]NPO法人 女性の健康とメノポーズ協会:4つの作用

[注4]一般社団法人 日本乳癌学会:乳がんの原因と予防


注目!髪密度を高めるならコレ!女性育毛サプリを徹底比較
コンテンツ一覧
髪密度を高めるならコレ!女性育毛サプリを徹底比較_詳細はこちら